胸が小さい悩みなんて大したことない

なぜ、睡眠が必要なのでしょうか

胸がある人とない人の差はなんでしょうか?

 

いろいろと要素はあると思います。

 

バストアップサプリだ、育乳ブラだ、ナイトブラだ
といろいろと頼りにする前にするべきことがあるのです。
しかもお金がかかりません。

 

 

それは、タイトルにもあるように、睡眠でdす。
ちゃんとしたバストアップのための土台作り、体作りができていないと
効果は半減どころか、まったくなくなってしまうかもしれません。

 

 

睡眠には、成長ホルモンの分泌を促す役割があります。
当然、女性ホルモンも大事なのですが、成長ホルモンも同様に重要なのです。

 

成長ホルモンを増やしていくことにおよって、胸が成長する可能性があるのです。

 

20代なかばまでは女性ホルモンの分泌が多いとされています。
なので、それまでの年齢であれば、今すぐにでも眠るための時間を作ることを考えましょう。

 

「20代なかば」ということに対して、
いろいろと説はあるのですが、私は30歳を超えても胸が大きくなった人を知っているので、
必ずしも20代なかばまで、だとは思いません。

 

 

どれくらい眠るといいの?

睡眠すればするほどいいのか、というとそういうわけではありません。
人にもよるのですが、大体7時間と言われています。

 

 

あなたの睡眠時間はどれくらいでしょう?
よく眠れていますか?
忙しくて寝る暇なんてない、と嘆いているのであれば、
バストアップのために、なんとか眠るための時間を作れるように考えましょう。

 

よくお肌のためのゴールデンタイムなんて事が言われていますが、
胸のためのゴールデンタイムはあるのでしょうか?

 

それは、お肌と同じで、バストアップのためにもゴールデンタイムはある、と言う説もあります。

 

なかなか難しいところですが、お肌と同じように、夜10時から2時までは眠っていれるようにしたいところです。

 

ゴールデンタイムの説はいろいろとあるのですが、
スキマ時間を使って眠る、というよりも、質の良い睡眠をまとまって取れれば、問題はないと思います。

寝るときはどこを向いて寝ていますか?

眠り方、寝る姿勢についても説があります。

 

 

説と言っていいのかわかりませんが、科学的根拠はちょっとわかりません。
しかし、説得力があります。

 

 

一番やってはいけない寝方はうつ伏せに寝ること。

 

これは胸を押しつぶしてしまうのであまり良くありません。
元々なかったものが成長しようとしているのに、押さえつけてしまうと、成長できなくなる、ということですね。

 

 

眠り始めは仰向けで寝るようにしましょう。
あまり姿勢にばかり気を取られてしまうと、今度は室の良い眠りができなくなってしまうかもしれません。
なので、姿勢に関しては程々にしておいてもいいと思います。

 

 

ちゃんと睡眠がとれるようになったなら、ぜひこちらを。
→ オススメバストアップジェル

とりあえずマンが読む?

胸がなさすぎる原因